スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ミツアマジ厩舎の馬

よく来たわね、いらっしゃい。
いつかまとめようと思っていたミツアマジ厩舎の馬。
スタホNETに全て履歴が残るわけではないので記憶に残っている限りで振り返る。
まず厩舎登録すると初めに一頭タダでもらえる。
その記念すべき最初の一頭目につけた名前が「アマジックナイト」
全然走ってくれなかったが・・・ちなみにリアルでアマジックマンという馬がいるらしい。


・厩舎序盤世代(フロックだろうが構わない)

アマジックライズ
アマジックメイト
アマジロジカル
トワノエイコウオー(父マイネルラヴ 母ウメノファイバー 初めてのGⅠ馬か?確か天春)
ゲルディアラ(有馬記念3着)
牡ゲルディメイト(父ゲルディアラ 母エイシンミシガン) 獲得賞金2890枚 ドバイ勝利?
ソウルゲルディ
牡ゲルティダウト
牡ゲルディゲート(父ゲルティダウト 母Miesque) 獲得賞金1570枚


ニトロアディクト(父コスモバルク 母ツルマルガール)
これから長きにわたるミツアマジ厩舎。その冠名「ニトロ」の初代馬。
昔から競馬ゲームでニトロとつけてきたがマキバオーにニトロニクスという馬がいたらしい。

牡ニトロエイコウオー(父ニトロアディクト 母トワノエイコウオー)
2代目にして初めてのWBC勝利 獲得賞金5490枚


ニトロリヴァイア
牝ニトロメンデル(父ニトロリヴァイア 母Darjina)
WBCM勝利など短距離戦線で活躍 獲得賞金5925枚

牝ニトロオーナー(父アマジロジカル 母ニトロメンデル)
冠名アマジはニトロに受け継がれることに。これまたWBC勝利。獲得賞金4900枚

牝ニトロシスター(父ダーレーアラビアン 母ニトロオーナー)
ミツアマジ厩舎初のSWBC勝利馬であり初の万枚馬。獲得賞金13050枚

牡ニトロウォーズ(父ダンシングブレーヴ 母ニトロシスター) 獲得賞金1940枚




・厩舎中期上旬世代(GⅠすらろくに勝てなくなった低迷期)

カンスペックブルー(名前の由来はMTGから。大逃げ馬として活躍)
ヤッテランネーゼ(これも大逃げ馬)
ファンシロップ(由来はSyrup16g)
マーダーパラディス(上記同様。自在脚)
トルミキシン(父ゴドルフィンバルブ。G2を2連勝。この世代では上位)
アストロノイド(GⅠ善戦)
アテナオリオン
牝アテナノヨビゴエ(父カネヒキリ 母コスモドリーム) 獲得賞金1765枚
コルテオ(GⅠ善戦)

牝ラセツ(父Curlin 母コルテオ)
GⅠ2着王 獲得賞金1980枚

パソドフレ
ミスリードナンバー(善戦マン)
ブラックキャリア(由来はツインエンジェル)
ミスティーナイト(上記同様)
イニシエ(父ダーレーアラビアン)
ノワール




・厩舎中期中旬世代(復調期)

リンキッド(MJプレイヤー名シリーズ第一弾。全然走らず)
ケーエスビーダッシュ(マイルC勝利)
ムックサン(天春勝利)
サクゼロ(G3勝利程度)
メイショウサムワン(天秋勝利。素質はMJプレイヤー名シリーズの中では上位)
ミスターフロック(特別招待WBC3着)
ラブリーチャーミー(GⅠ2勝。WBC2着)
スーパーフロック
イデア(素質はあったがなかなか勝てず。天春勝利で大団円)


牝ヘイトレッド(父スターマン 母スターバレリーナ)
低迷期を脱出するにいたった初代馬。ネットでのオススメ爆発配合を試してみることに。
G2戦線までは順調だったものの帝王賞で敗北。特別招待でWBCに出てみることに。
最低人気と屈辱だったがまさかの大勝利。その後エリザベス、ドバイを制す。獲得賞金4385枚。


パンドラマスター(東京大賞典勝利)
ストーリーテラー(牝馬でダービー勝利。以降牝馬でのダービー挑戦馬はおらず。)
パルミラキッド(JDD勝利以降低迷。特別招待のWBCMで勝利!)
アンソロジスト
テストヨウヒンバ
テストヨウボバ(NHKマイルC勝利)
バットエンド
ロストエンド
ジークキラー
ニトロユートピア
アマサギメイズ(大混戦のダービーを根性で勝利。以後即引退。)

牝パラダイムロスト(父ロストエンド 母イデア)
WBC勝利 獲得賞金5020枚


牡ニトロエース(父ニトロユートピア 母マイネルラヴ)
長く低迷期に陥ったニトロ血統。そんな中現れたのがエース。
GⅢロード活躍後果敢に有馬記念に挑戦。なんとディープを下し大金星をあげる!
その後WBCT勝利、SWBC3着とニトロシスター以来の大活躍。獲得賞金3950枚


牡ニトロパラダイム(父ニトロエース 母パラダイムロスト) 獲得賞金6790枚。
かなりの素質馬。WBCは勝利出来なかったもののダービー勝利&欧州三冠を達成。



牡ダークヒール(父パルミラキッド 母リフレイン) 獲得賞金7780枚
生涯戦績 11-0-0-4 負けたのは条件戦と青葉賞とSWBC2戦。
それ以外は化け物じみた安定感で国内GⅠ5勝、WBC2勝をあげた厩舎を代表する一匹狼。



ダミーキッド
リフレイン
メイドインキッド
ペルソナ
ニトロクローン
アビリティアイズ(菊花賞、ジャパンカップ勝利)

牡ニトロディレクター(父ペルソナ 母ニトロクローン)
5連勝達成、香港勝利 獲得賞金2375枚

ニトロクオリア(素質はかなりあったものの報われなかった悲劇の馬)





・厩舎中期下旬世代(全盛期?)

スワロー
ポラリス(6連勝達成。ヴィクトリアマイル勝利)


ジギーハーツ 獲得賞金26190枚
先日紹介したミツアマジ厩舎の最高傑作。SWBC2勝。WBC2勝。GⅠ10勝。



ナオマニアワンモヨウ
アオシマシュゴイ
アオシマバゴーン
ジギタリス
アンジェリアーナ
ポルカ
トランポリオン(桜花賞勝利?)
アルノセント
アルノセントリズム
ジャネリア(強烈な追い込み!)
ヤルッキャナイ(悲願の末高松宮記念勝利)
ハートフルハート
ニトロヴォルテ(天春勝利)
ニトログローリア(ニトロ血統久々のWBC勝利。)
ニトロエンペラー(初のGⅠ勝利は香港。その後も国内GⅠ戦線で活躍)
ニトロダウナー(引退レースの高松宮勝利)
ニトロユース


牡キラーチューン(父ディストピア 母グットラックデイ)
獲得賞金7380枚
素質ならニトロパラダイム、ニトロクオリアと並ぶ、それ以上?の馬。
皐月賞、ダービーと勝ち菊花賞はエピファネイアに負け2着と惜しくも3冠ならず。
その後キングジョージ、WBCを勝利する。


リシャーダ
フロックアワード
タスタブラカス
ジェンガ
ヴィリーヴァー(渾身の逃げでGⅡ勝利)


牡ガルディア(父ナンジェーミン 母ヴェロニカ)  獲得賞金10030枚
皐月賞勝利後パッとしなかったが古馬になってから安田記念で復活V。
その後WBC2着券で挑んだSWBCをまさかの勝利!その後の王道ルートでWBC勝利。


牝グッドラックデイ(父ヴィリーヴァー 母トゥザヴィクトリー) 獲得賞金7280枚
花々しく桜花賞勝利。その後オークス、WBC、秋華賞、JCと全て2着。
その後なかなか勝利に恵まれず引退が近づく。引退レースにSWBCに出してみることに。
10番人気と評価は低かったがまさかの勝利。名前の通り最高の一日となった。


スチューピッド
マリガン
アルビダ

牝エルステッド(父アマサギメイズ 母ヤルッキャナイ)
獲得賞金約5000枚

牡フラクタリア(父イナリワン 母アルビダ)
獲得賞金約5000枚


ベルベトベベト(WBC勝利)
ネオアパシー(秋華賞、宝塚勝利。ジャパンカップを2勝した女傑。)
ディストピア(GⅠ、WBCで活躍)
オブザジョーカー(道中5連勝。ジャパンカップ勝利)
アンバランスジョイ
ソルマックトレビアン(オルコックアラビアンのもじり)
キラーシールド(短距離GⅠ3勝)
ヴェロニカ
リビドール
タヌキマン
ダンカンアリガトウ
サブリナ
マリアージュ
ラシェリー
ナンジェーミン
アルト
ナツメ(天秋勝利)
メテオ
ユズキ
アイレン(引退まで頑張って育てるも一度も3着以内に入ってくれなかった馬)
リャイアン(某実況が元ネタ)
ミラクルフロック(フロックにまかせ無理にGⅠ戦線に出しまくった。安田記念3着。)





・厩舎最新世代(あまり稼げていない)

チョココロネット
バベラ
ドクトピアーレ(宝塚勝利)
シュデンファリアゲ(秋華勝利)
ワロス
シャンパニティ
ヴォルトメン
マルサガール(混戦の中フェブラリー勝利)
ファーバーランド
ヌマオウジョ
ダテンシック
ゼンセンマン
ゼンセンニダイメ(JD勝利、WBC3着)
フィナレーゼ
ザンス
ファイレクシア
ダテパーリー
ポエジー
ビターキッズ
エキセントリニスタ(ダービー勝利もその後報われず)
マモッ(元ネタは某スロ動画。全然走らず)
ゼンセンガール(サイレンススズカを上回る毎日王冠での1倍台には泣いた。)
バグナガ(ダービー勝利などGⅠ戦線活躍。)
オロチメン
ワンチャンアルデー(ワンチャンなかった)
ランチェロ
イエヲタテヤマ(道中GⅠ含む6連勝。)
ハングリッシュ
トップウィンギア
ヴァシュター
ニトロイリーガル(最近のニトロ血統の中では上位。獲得賞金約3000枚)
ネクロスタンス
アンシャックベル(オークス勝利)
ヒステリズム
イワタヤキソバ
エアクローバード
ジュリエルズ
ダウナーデイズ
アポトーシス
ヴィアラガデロ
ジグロス(宝塚勝利)
バレテリューゼ
ニトロマニッシュ
ニトロノイローゼ
ニトロジャンキー
ニトロドポルテ




・いつ作ったか忘れた他のニトロシリーズ

ニトロマルシェ
ニトロブレンディ
ニトロクルーズ
ニトログリセリン(皐月賞勝利)
ニトロヘルヘイム(GⅠ善戦)
ニトロラヴニカ
ニトロマエストロ
ニトロメープル
ニトロハーメルン
ニトログルグル
ニトロサレンダー
ニトロフェミニン
ニトロラヴァー
ニトロマテリア
ニトロサレンダー




思い出せる範囲ではこれぐらい。たぶんあと100頭は作ってるでしょう。
だいぶ産まれたもんだなぁ。たまげたなぁ・・・





ではリアルの競馬の話に。
先日の朝日杯FS大本命に挙げたベルカントの結果は・・・10着 つらすぎィ!
勝ったのはアジアエクスプレス。オリエンタルエクスプレスかな?(乱視)
改めて外人ジョッキーすごいと思った(小並感)



それでは明日行われる有馬記念の予想を発表したる!


◎ ラブリーデイ

春からずっと応援していた馬のうちの一頭。
菊花賞出ずどこ出るのかなぁといろいろ期待していた。
金鯱賞2着と感触もよく期待出来る。久々の蝦名マジックに期待!


〇 デスペラード

横山騎手の連続2着記録がかかっているのでこいつは外せないな!
ステイヤーズSも制したことだしまた1つこの長距離戦を制してほしいところ。


▲ オルフェーヴル

なんだかんだで力は最上位だし外せない。
国内戦期間の空きと仕上がりが不安要素。
引退レースと人気の重圧に池添騎手は耐えられるのだろうか?


△ ウインバリアシオン

オルフェの好敵手!相変わらずの安定感は勝ちきれなくても馬券的には絡めて問題ナシ。
ここでオルフェを倒せば来年はバリアシ一色や!


☆ テイエムイナズマ、トーセンジョーダン

残念ながらエイシンフラッシュは有馬回避のまま引退へ・・・
その代わりに出てきたのがまさかのテイエムイナズマ。
世間ではフラッシュからイナズマ・・・何かあるな!との声が。
騎手もエイシンからの乗り替わりでそのままデムーロ。外人騎手ならなんとかなる馬か?


そしてトーセンジョーダン。メンバー最高齢。
さらに円熟を増したその力強い走りをジャパンカップで君は見たか?
俺はジェンティルドンナをドバイに出すよりコイツを出した方が勝機はあると思ってる。





オルフェが大団円を飾るか。はたまたゴルシの復活か?
俺はやっぱ荒れてほしいなぁ・・・ラブリーデイ来てください!何でもしますから!
そんなわけで今回はこの辺で。半プロの憂鬱事情は次回まとめます。ではでは~ノシ
コメント

No title

1だけどにっこにっこにーやで

君馬名センス無いね(^・ω・^)
チソコガムックサン作って、どうぞ

No title

リンキッドとかムックサンとかナメ過ぎだわwww

競馬はリアルもスタホも全然わからんけど…

4だけどにっこにっこにーやで

P.S.ニコッカスもハルッカスも好きではありません

No title

リンキッド(MJプレイヤー名シリーズ第一弾。全然走らず)←

もう一度チャンスを!

コメントありがとうございます。

>>さかなくん
恒例の1ゲト乙
なーにがラブライブだよw


>>無名のケツさん
あ”?オリジナリティありまくりだろ!
ひyな馬名はNG


>>北海道のケツさん
なお名前の許可はもらっていないもよう。
競馬は面白いし感動するで~。


>>★KSB★さん
なーにがにこだよww
ファッキューハルカッス。


>>りんきっどさん
結構いろいろ頑張っても走らん馬はホントダメ!
同じ名前の馬また作りたいとは思いませんw
コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。